ANA ホテル マリオット マリオットボンヴォイ

HOTEL THE MITSUI KYOTO ラグジュアリーコレクション 子連れ 宿泊記 2022年4月

  1. HOME >
  2. ホテル >
  3. マリオット >

HOTEL THE MITSUI KYOTO ラグジュアリーコレクション 子連れ 宿泊記 2022年4月

京都 屈指の最高級ホテル ホテル ザ 三井 京都(HOTEL THE MITSUI KYOTO) ラグジュアリーコレクションに行ってきました!

HOTEL THE MITSUI KYOTO(ホテルザ三井京都)はどんなホテル?コンセプトは?

2020年にオープンした三井不動産所有、ハレクラニ沖縄にも寛容している三井不動産リゾートマネジメントが運営する三井グループの最高級ホテル「HOTEL THE MITSUI KYOTO ラグジュアリーコレクション」。

人気ホテルであった京都国際観光ホテル跡地で、二条城の芽の前の好立地に佇んでいます。施工は清水建設。

コンセプトは「日本の美しさとー EMBRACING JAPAN'S BEAUTYー」であり、伝統文化や建築、工藝、食等に見られる日本独自の美しさを大切にしつつ、こまやかな心遣いと洗練されたふるまいによって、特別な体験とくつろぎを提供するというものです。

三井ガーデンホテルを展開している三井グループですが、あえてガーデンの名を外したのも、他には無い特別なホテルを作りたいと言う思いがあっため。

ロゴの中央にある線は、漢数字の「一」であり、グループの総力を結集して日本最高峰のホテルブランドを目指すという意志の現れだそうです。

 

元々三井家の別邸「油小路邸」でしたが、その後、GHQによる財閥解体を経て、京都国際観光ホテルが立地。

その後、同ホテルの老朽化により、2014年に閉業し、三井不動産により、HOTEL THE MITSUI KYOTO 建設するに至る。

三井グループにとっては、ようやく土地を取り戻したという感覚だそうです。

正面に構える門は、もともと比叡山の寺院にあった「梶井宮(かじいみや)門」です。

1703年に江戸幕府5代将軍綱吉の命により、大原の天台宗(現 三千院)の寺院に建立され、1935年(昭和10年)に京都の三井家の別邸の正門として移築されたもの。

 

梶井宮門は京都国際観光ホテルでも使用されていました。柱間4.5m、高さ約7.4mを誇る威風堂々したたたずまいです。

大陸由来の「反り屋根」。威厳を示す意味合いがあるそうです。

屋根の両端の桃の飾りは不老長寿を祈念するというもの。新しく再現されたレプリカで、本物はホテル内に展示されています。

30年から50年ごとに改修が繰り返され、本ホテル建築にあたり、1,000パーツの部材に解体し、耐震性の強化等を経て、約8割の部材がいまなお利用されているということです。

門として利用できなかったのこり2割の部材は、ホテル内の装飾用部材として再利用されています。

 

 

 

施設概要・アクセス

「HOTEL THE MITSUI KYOTO 公式ホームページより」

住所・TEL
〒604-0051

京都府京都市中京区油小路通二条下る二条油小路町284
TEL. 075-468-3155(宿泊予約)

アクセス

電車でお越しの方
地下鉄東西線「二条城前」駅 2番出口徒歩3分

地下鉄烏丸線「烏丸御池」駅 2番出口徒歩10分
京都駅からホテルまで車で約15分

空港からお越しの方
関西国際空港(KIX)からホテルまで車で約100分
関西国際空港(KIX)から京都駅までJR特急はるかで約75分/空港リムジンバスで約85分
大阪国際空港(ITM)からホテルまで車で約60分
大阪国際空港(ITM)から京都駅まで空港リムジンバスで約50分

お車でお越しの方
名神高速道路「京都東IC」より約30分
名神高速道路「京都南IC」より約25分

京都なので、東京からですと、新幹線で京都駅 または 飛行機で伊丹空港ですかね。

帰りは関空経由でしたが、1時間40分は遠い。。。

今回は3月29日の「ANAにキュン」で片道2,900マイル(羽田ー伊丹・関空)があったので、これを利用しました。

家族4名の往復でわずか23,200マイル!これだと弾丸旅行が出来て最高!

 

館内の主な施設

レストラン

名称 ジャンル 席数 営業時間
オールデイダイニングFORNI イタリア料理 105(18) 朝食 7:00-10:00
ランチ 11:30-14:30(L.O)
ディナー17:30-21:30(L.O)
都季ーTOKIー/結一ーYUIー ガストロノミー鉄板
(個室を除き12歳以下は利用不可)
44 ランチ 11:30-14:30(L.O)
ディナー17:30-21:00(L.O)
THE GARDEN BAR バー 44(6) 11:00-23:00(L.O)
四季の間 16席

※席数のうち()はテラス席
※FORNI、都季/結一はプライベートダイニングあり

 

サーマルスプリングSPA

施設 営業時間 価格 備考
サーマルスプリング 7:00-23:00(最終受付22:30) 無料 4-15歳は10:00-16:00のみ利用可能
プライベート温泉 7:00-23:00(最終受付22:00) 60分¥19,500
90分¥27,000
120分¥34,500
キャンセル
フィットネスジム 7:00-23:00(最終受付22:30) 無料 15歳以下は利用不
SPAトリートメント 10:00-22:00 サーマルスプリング SPA|HOTEL THE MITSUI KYOTO 公式サイト
を参照。
-

 

駐車場

駐車台数 23台

交通機関の便が良いので、車で行かれる方は多くないと思いますが、客室数161室に対し、枠が少ないので、車の場合は念のため駐車場を事前予約しておいた方が良いと思います。

代金(バレーのみ)4,000円

堀川通り側から側道に入り、隣接するANAクラウンプラザを左手に、ぐるっと左に回り込んで、裏側(油小路通)に入るとホテルの入り口があります。

京都は一通が多いので、車で行かれる方は、少し注意です。

 

 

お恥ずかしながらレンタカーの軽でホテルに到着したところ、ホテルスタッフの方から「〇〇様ですね」とお声がけあり。すごいなあ、と感動しつつ、中へご案内いただきました。

 

ロビー・庭園

入口を飾るのは紅葉の木。秋口は紅葉でとても美しいそうです。

梶井宮門の再築にあたり、門として利用できなくなった一部の木材が、ホテルの扉の装飾として再利用されています。

 

泉田之也氏が制作したレセプションオブジェ 海岸付近から撮れる白い粘土をベースに野田の赤土を配合。

台座に美濃和紙を張り付け、その上に板状に土を盛り、全幅130cm、総重量40kgにもなる。風を表現しているそうです。

迫力がありますが、邪魔にならず、庭園の素晴らしい景観を盛り上げてくれます。

 

こちらは早朝に撮ったロビーの写真

ロビーラウンジと客室のデザインは香港出身のアンドレ・フー氏によるもの。

香港と英国という異なる文化的背景で受けたセンスにより、独自で優雅なモダンスタイルのインテリアとなっています。

 

チェックイン当日11時前では、窓が開放されており、風が神がかり的に心地良かったです。市街地とは思えない。桃源郷のよう。

天気が良ければ、この時間帯に大開口が開放されるとのことです。

 

三井家の時代から受け継がれてきた約1,300㎡の中庭は、ランドスケープデザイナー宮城俊作氏により、現代風にアレンジされました。

 

庭園の桜は散り始め、半分は葉桜になっています。

平安時代から続く京都の伝統的な家づくりであり、庭と言えを不可分な一体のものとして扱うことを意味する「庭屋一如」。

朝、昼、夜、また、春夏秋冬の季節毎に違う表情を見せる庭園。

私が伺ったのは、桜の散り初めの時期でしたが、早朝の朝露が覗かせる時間帯がお気に入りです。

 

 

庭園に面したロビーからは、「庭屋一如」の世界観を感じることができます。

 

チェックイン

ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンクとして、和菓子とドリンク(大人は玉露茶、子供はオレンジジュース)。

飲み物の器は朝日焼(宇治市の工芸品)、茶菓子の器は清水焼だそうです。

 

チェックイン手続きとマリオット  プラチナ特典

いわゆるクラブラウンジはありません。このロビーラウンジで、庭園を見ながら優雅にウェルカムドリンクをいただきます。

Marriottプラチナエリート以上の特典

  • お部屋のアップグレード(お部屋の空き状況による)
  • 16時までのチェックアウト(お部屋の空き状況による)
  • ウェルカムギフト(FORNIの朝食 or マリオットボンヴォイ1,000ポイント)
  • レストラン(FORNI/THE GARDEN BAR)20%off
    (朝食及び都季(TOKI)/結一(YUI)は対象外)

 

 

チェックイン時に、事前に予約していたアクティビティの案内も配られます。

1日あたりの回数がそんなに無いため、事前にホテルの方とメールでやりとりして、ディナーやプライベート温泉の時間帯を含め、1日のスケジュール調整をしておりました。

直前の予約の場合は電話の方が早いかも知れませんね。

 

客室 ニジョウルーム

HOTEL THE MITSUI KYOTO の客室一覧

客室数は全161室(うちスイート22室)

客室 定員(名) 広さ(㎡) 室数 眺望 エキストラベッド コネクトルーム
デラックスルーム(ツイン・キング) 43-51 43 シティー ×
デラックスガーデンルーム(ツイン・キング) 47 11 ガーデン
プレミアルーム(ツイン・キング) 50-67㎡ 36 シティ
プレミアガーデンルーム(ツイン・キング) 50-61 30 ガーデン
ニジョウルーム(今回宿泊)(ツイン・キング) 50 19 二条城
デラックススイート(キング) 55-65 9 シティ
エグゼクティブスイート 78-86 3 シティ(梶井宮門)
ガーデンスイート(キング) 95-97 2 ガーデン
ニジョウスイートト(ツイン・キング) 112 5 二条城
Onsenスイートト(ツイン・キング) 101-111 2 坪庭
プレデンシャルスイート(キング) 213 1 二条城

コネクティングルームやエキストラベッド対応可能なの客室カテゴリーが多い印象です。

 

YOUR24を申請し、アーリーチェックイン

今回は土日の一泊二日の弾丸旅行でしたので、11時チェックイン(YOUR24)を申請しており、1翌日13時チェックアウトの26時間滞在を事前に確約いただいておりました(なお、YOUR24については、SNAでアップグレードされた場合、原則として再度申請が必要です)。

※your24・・・好きな時間を指定して24時間以上の滞在を事前申請できるMarriottアンバサダーエリートの特典。弾丸旅行で便利。

 

プラチナエリート以上の特典である「スイートナイトアワード(SNA)」は当日までに該当スイートの空きが無くなってしまったため、SNAでニジョウルームへのアップグレードとなりました(元予約はデラックスルームのツイン)。

 

ニジョウルームの詳細

広さは50㎡と広々です。重要文化財の二条城「東大手門」ビューになります。

ベッドルームにソファーとデスクがあり、非常い使い易い間取りとなっています。

下記は1KINGの間取りですが、ツインベッドの場合も同様の間取りになります。

公式HPより

 

ベッドのマットレスはシモンズ製のプラッシュピロートップ(約340,000円)の特注品ver。リネン類はHOTEL THE MITSUI KYOTOのオリジナル品です。親子四人がぐっすり眠れるほど、広く、程よい弾力性があり、快適でした。

高級ホテルなのに、ハリウッドツインとは、子連れにとって有難い!

55インチの大型テレビ。館内の施設案内やレストランやスパの混雑状況が一目でわかります。とても便利。

 

ウェルカムアメニティとして、子供用に白虎(子)のぬいぐるみがありました。リッツはライオン、ミツイは白虎がブランドキャラクターです。

ちなみに白虎ちゃんは絶賛、名前募集中だそうです。

 

2階の端の方のお部屋でしたので、二条城の門が若干ですが、木々に遮られます。

また低層階ですと外から丸見えなので、その点は気を付けましょう。

中庭もとても美しいので、次回訪れるならば、ガーデンビューも泊まってみたい。

ちなみに、桜の時期は過ぎていたんですけど、ニジョウルーム(ツイン)も満室だったんですよね。人気あるなあとため息。

 

ビジネスデスクとしても利用できる広いデスク。こういうのも有難いですね。

 

デスク横にはUSBコネクタとコンセントもあります。

 

ウェルカムギフトはマカロンと和菓子

 

ミニバー

盆栽のオブジェが飾られているところがミニバーです。

 

コーヒーはネスプレッソ。お茶はTWGのほか、緑茶やほうじ茶のパックもあります。

 

 

クローゼット・寝具類

玄関のすぐ隣にクローゼットがあります。コートも引きずることなく、かけられる高さです。

 

パジャマ・子供用パジャマ

クローゼットの下の引き出しには、大人と子供用パジャマが格納されています。

子供用パジャマはLサイズ(130~140cm用)とMサイズ110cm~120cm)の2種があります。

 

水回り

洗面所はダブルシンクで、高級感のある造りです。

 

大理石の洗面台に、陶器のコップなど、こちらも高級感のある和の雰囲気が出ています。

 

アメニティボックスも趣のある木箱に入っています。子供用のアメニティも格納されていました。

歯みがきセット(大人、子供)、ヘアゴム、エメリーボード(爪とぎ)、シャワーキャップ、ボディローション、綿棒、コットン、ヘアブラシ、かみそり、マウスウォッシュ。

 

シンク下にはたくさんのバスタオル(子連れに有難い)等のタオル類とドライヤー、ランドリーバッグ等。

 

ドライヤーは「HOLISTIC CURE DRYER」。持ち運びやすい軽さで、風量もあるので、お勧めです!

 

トイレも広々していて、快適でした。

 

石造りのバスタブで、洗い場、浴槽ともに広々しています。後述のプライベート温泉を利用しましたので、今回は浴室は利用しませんでした。

PARFUM  SATORI

日本の独立系調香師として初めてフランスの国際香水博物館(グラース)に香水が収蔵されるなど、世界的にも活躍されている大沢さとり氏が展開しているブランドのアメニティ。レセプションロビーの香りもPARFUM SATORIの香水によるもの。メイドインジャパンのこだわりを感じます。

へちまスポンジタオルも独特で面白い。

 

子供向けの高級アメニティ「こどもネスノ」というブランドで、子供の肌に悪影響のある成分を一切使わない、子供の素肌に負担をかけないことを第一にしたアメニティです。

子供用のボディソープやシャンプーば別途用意されているのは珍しいですね。

 

サーマルスプリングスパ

サーマルスプリングSPAの概要

山紫水明の都、京都。当ホテルの敷地の地下に湧く温泉をお楽しみいただけるSPAエリアがHOTEL THE MITSUI KYOTOの誇る「サーマルスプリングSPA」です。「静謐を湛える」のコンセプトのもと、上質な静けさと水に包まれた空間が日常を離れたひとときへと誘い、最上の癒しとくつろぎをご堪能いただけます。

「時」「音」「光」「香」「水」、5つのテーマが織りなす空間が五感を心地よく潤し、新たな自分と出会う旅をよりいっそう豊かに彩ります。敷地内の地下約1,000m から湧き上がる天然温泉水を活用したサーマルスプリング(水着を着用して入る天然温泉を用いたプール)では、穏やかに流れゆく時間とともに HOTEL THE MITSUI KYOTO ならではの温泉体験をご提供いたします。 静寂に包まれた空間と、天然温泉のほどよい温かさが至上のリラクゼーションをもたらします。

公式ホームページより

 

項目 内容
営業時間 7:00-23:00(最終受付 22:30)
利用可能年齢 4歳以上(4歳から15歳までの方は10:00-16:00のキッズアワーのみ利用可)
利用時間 60分以内の制限あり
利用人数 最大12組24名まで(利用制限は各更衣室の利用人数ベースで判断している模様)

更衣室の密をを避ける観点から、客室で水着に着替え、バスローブとスリッパを着用して、スパに来ることも可能です(むしろそのように推奨されます)。

まずは客室のモニターで混雑状況を確認の上、利用する前に内線電話で事前確認する必要があります。OKが出たら、スパに向かうといった感じです。

大人用のみ水着のレンタルがあります。

子供用の水着のレンタルはなく、所持していない場合はSPA受付で水着を購入することになります。

我が家はとりあえず大人も子供も水着を持参しました。このご時世ですので、できれば持参した方が良いかもですね。

 

温泉の名称「京都二条温泉」

泉質はアルカリ性のナトリウム・カルシウム一塩化物温泉であり、きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症に対する効用があるようです。

元々、京都市内では、嵐山方面では温泉があったものの、市街地には温泉はありませんでした。

しかし、どうしても温泉施設を作りたいという三井グループの強い願いの下、ボーリング調査の結果、なんと深度約1,000mに温泉があることが判明。ただし、水温が25度程度と低めであるため、加熱し、温泉施設として利用しているようです。

SPAのあるB1Fのフロアは何となくサーマルスプリングの雰囲気を醸し出しているので、画像を載せておきます。サーマルスプリング内はもちろん撮影禁止です。

 

早めにチェックインして、サーマルスプリングを楽しむのがおすすめ

水着を着て入る温浴施設です。4か所の温水施設と2か所のジャグジー、シャワー室があります。

中央2つの温水施設のプールベッド側からは天井から時折、涼しいミストが噴射され、これがまた気持ち良い。

温水施設の温度は38度程度。推進は60cmの箇所と100cmの箇所があります。ジャグジーはやや温度が高めのお湯となっています。

土曜日チェックインでしたが、アンバサダーエリート特典である「YOUR24」が承認されると、好きな時間にチェックインを行うことができます。

私は11時前にチェックインし、すぐにサーマルスプリングに向かいました。子連れということもあり、迷惑にならないよう、できるだけ人がいない時間に利用したかったためです。

ラッキーなことに、お昼の12時ちょっと前ですと、ランチタイムということもあり、誰もいない!貸切状態です。

60分の時間制限付きでしたが、温泉プール、ジャグジーを楽しみながら、プールベッド(ソファー)でくつろいだり。

お水を補給しながら、ほぼほぼ制限時間一時間近くは、ゆったりと浸かることができました。

SPAを出た後の1時間くらいは、ずっと体がポカポカして気持ちよかったです!

このホテルはアーリーチェックイン(またはYOUR24)を申請するのが絶対おすすめ!

黒を基調とした空間ですが、照明がとても美しく、幻想的です。

浸かるもよし、プールベッド(ソファー)でゆったり寝転がるもよし、足湯するもよし、ジャグジーに浸るもよし、最高のリラクゼーションですね。

 

まるで鬼滅の刃の最終選別の修行で登場した岩ですね。

本物の岩で作られたオブジェは迫力満点!

 

子連れでもサーマルスプリングに入れるの?

10:00-16:00のキッズアワーであれば、お子様連れでも利用することができます。ただし、3歳以下の方は利用できません。

かなり静寂な空間で、落ち着いたスパ施設で大人向きの雰囲気となっています。

したがって、走り回ったり、騒ぐことをやめられないお子様を連れている方は、ちょっと使いづらいかも。騒がしいと本当に雰囲気が台無しになるので。

大声でしゃべらない、走らない、泳がない、が守れれば、問題なく利用可能ではないでしょうか(海外の方が復活すると、カオスになる予感しかしませんが)。

 

サーマルスプリングSPA ブティック

SPAの受付では、バスローブやアメニティ、食器等が販売されています。

写真の茶筒はアフタヌーンティーセットでも使われている日本最古かつ最高級の茶筒製作「開化堂」の銅筒。

 

今治タオルや、オリジナルパジャマ、バスローブがあります。

特にフランスの高級テーブルリネンメーカーのガルニエ・ティエポーのバスローブの着心地が軽くて、あったかくて、着心地が最高でしたね。これは購入していく方も多いのでは。

 

THE GAREDEN BARで遅めのランチ

3,000枚もの清水焼のお皿で作られた作品。迫力あります!

FORNIのランチと、アフタヌーンティー共に当日は満席。。。

オーダーしたのは、

  • フィッシュアンドチップス
  • バスクチーズケーキ
  • ハムとチーズのサンドイッチ

翌日のランチは

  • クラブハウスサンドイッチ
  • マルゲリータピザ

でした。

FORNIの売りは窯焼きピザなので、ピザはおいしくておすすめ。フィッシュアンドチップスも、外はカリカリ、中はふわふわでとても美味でした。

価格帯は2千円後半から3千円台といった感じ。割引前だと、数点頼んでも1万円くらいいってしまうので、やはり、バーはバーとして使うのが良いですかね。。。

実は、事前にFORNIのランチもアフタヌーンティーも予約していなかったので、満席でありつけず。。。こちらでランチすることになりました。

バーなので、ドリンクメニューは40ページくらいあるすごいラインナップですが、食事のアラカルトはかなりシンプル。

メイン系としては、上記でオーダーしたのが、ほぼ全て。なお、FORNIと同じフロアだからといって、FORNIのメニューはオーダーできません。

周辺に食べるところもあるし、これくらいなら予約しなくても大丈夫でしょ!と考えたのが甘かった。

後悔しないように、計画的に予約しておくべきでした。。。

繰り返しになりますが、繁忙期でなくとも、ランチとアフタヌーンティーに興味があるのであれば、事前予約(サーマルスプリングの時間も踏まえ、お昼のピーク時を外すのがおすすめ)しておく方が無難です!

 

二条城は場所も価格も、ふらっと行けるリーズナブルな観光名所

16時からアクティビティを入れていましたが、せっかく目の前に二条城があるので、さくっと二条城の二の丸御殿の鑑賞に伺いました。

 

堀川通は遅咲きの八重桜がとても綺麗に咲いていました!来てよかった。

 

二条城の営業時間や料金等はこちら。

各種ご案内 | 二条城 世界遺産・元離宮二条城 (kyoto.lg.jp)

二の丸御殿だけでしたら、20分くらいで回れるので、おすすめです。本丸までいくと、全部で1時間以上はかかります。

 

今回は本丸は大規模修繕中で観覧中止でしたので、二の丸御殿を観覧しました。襖絵や天井の模様など豪華絢爛で、いつ行っても飽きません。

建物内を歩くと、床が鶏の鳴き声のような音を立てる「鴬張り」が特徴で、子供達も聞き耳を立ててながら、歩いていました。

 

アクティビティ  世界にただ一つ!京こま作り体験

HOTEL THE MITSUI KYOTOのアクティビティ

アクティビティ 所要時間等 料金(税サ込) 子供におすすめ
アンバサダーと巡るHOTEL THE MITSUI KYOTOアートツアー ①10:00~ ②11:00~ 各45分 無料 ×(13歳以上限定)
アートラリー(キッズアクティビティ) 自由 無料
茶居で味わう一服のお茶 約25分 1,500円 ー(大人向き)
重要文化財 旧三井家下鴨別邸で楽しむアフタヌーンティー 約90分(3日前までに申し込み必要 13,200円/人 (2名より申込) ー(大人向き)
禅寺の静寂をじっくりと味わう特別な朝(妙心寺 退蔵院) 約90分(7日前までに申し込み必要 要問合せ ー(大人向き)
茶人ご贔屓の名店で和菓子造りを楽しむ 約90分(7日前までに申し込み必要 4,400円/人 ー(大人向き)
めざせ!みらいのほてるまん ①10:00~ 60分 3,300円/人 ー(大人向き)
京都の伝統工芸に触れる京こま作り体験 ①10:30~ ②16:00~ 60分 4,400円/人
舞妓と楽しむ至福のひと時 60分 要問合せ ー(大人向き)
「日本の美しさと」体感ツアー 150分~ 問合せ(2名より申込可) 予約は3営業日前まで  ー(大人向き)
京都まちなかウォーキングツアー 90分(3日前まで申し込み用) 4,400円/人

京こまの伝統を受け継ぐ唯一の工房「雀休(じゃっきゅう)」で京こまの製作体験ができます。

お子様も参加可能。うちは子供2名が、16:00の回に参加しました(親は同伴のみであれば無料です)。

京こまの職人さんは、何と、ここの「雀休」の亭主の中村さんただ一人。京都の伝統工芸の一つを一手に引き継ぐ貴重な存在となっています。

 

項目 内容
住所 京都府京都市中京区神泉苑町1(二条城東門から徒歩5分)
HOTEL THE MITSUI KYOTOから 徒歩で約12分です。
TEL 075-811-2281
営業時間 11:00-18:00 日曜・月曜定休
京こまの体験時間(ホテル経由の申込時) 10:30または16:00開始の2部制 所要時間は50分程度
料金(ホテル経由の申込時) 4,400円/名(税込)
キャンセル規定(ホテル経由の申込時) 前日50% 当日100%
申込期限・キャンセル料 3日前までの申し込みが必要
前日キャンセル50% 当日キャンセル100%

職人さんから直接こま作りの指導を受け、作品を持ち帰ることができます。手ぶら参加可能。

京都のこまは、木から彫って完成させるのではなく、竹軸に数種の色の木綿の帯を巻いて作るところが大きな特徴です。

巻いた後はニスを塗って固めます。軽いこまなので、ひもを使わず、手で軸をつかんでひねるだけで、きれいに回ります。

ちなみにですが、今回はホテルを通じて申込しましたため、少々お値段が張りましたが、直接お店に申し込んだ方が若干安いです(2,500円/名)。

なお、ホテル経由で申し込んだ場合は、製作したこま以外にも、お土産のこまがいただけます。

所要時間は30分程度。子供でも1時間はかかりませんでした(職人さんの助けはありましたが)。

小さなお子様も貴重な京都の伝統工芸を体験できるのが良かったです。元々女性のお遊戯として発祥した工芸品だそうです。

 

音声注意!

 

オールデイダイニング FORNIのディナー

コースメニュー等 コースは意外にリーズナブルな価格設定!

12歳以下のお子様連れの場合、利用可能なダイニングはFORNIになります(都季ーTOKIーは個室のみ可)

「FORNI」とはイタリア語で、「複数の窯」を意味し、窯焼きピッツァやグリル料理が提供されます。

オールデイダイニングの「FORNI」は、マリオットボンヴォイの会員であれば、レストラン割引(会員・シルバー10%、ゴールド15%、プラチナ以上20% 除外日注意)を受けられます。

また、ラグジュアリーホテルのディナーの割には、リーズナブルな価格帯のコースが充実しているため、非常におすすめですよ。

シーズナルメニュー3種

  •   桜をモチーフとした春の期間限定コース「La Primavera」(11,200円)4/28で終了
  • 「Content」(13,700円)
  • 「Divertito」(16,200円)の3コースがあります。金額は全て税サ込の金額です(以下同じ)。

それぞれのコースごとにワインのペアリング(4,800円~9,600円)が設定されていましたが、我が家は最大2杯しか飲めなさそうでしたので、単品のグラスでお願いしましたが、お酒が好きな方は、ペアリングが断然おすすめ!

テイスティングサイズで1杯3,200円~3,600円程度ですが、美味しくいただきました。

通常コースは、前菜、パスタ、ピザ、メイン、デザートは以下のメニューより選択

アミューズ(牛肉のテリーヌ)

全粒粉パンとカボチャのフォッカチャ

 

Course「La Primavera」

前菜は真鯛のカルパッチョ仕立て キャビアソルトとピンクバルサミコのパール

パスタはスパゲッティーボンゴレビアンコ 桜の香り

メインは(+1,500円)、豪州産からアップグレードし、「黒毛和牛経産牛サーロインのグリルと季節野菜」を選択。穀物のみで育てた健康的な牛のお肉です。

デザートも通常メニューで選択できる「桜のジュレ 苺のグラニータ 漉し餡とマスカルポーネのエスプーマ」

 

ソムリエの方におすすめされ、いただいたワイン(赤・白)をご紹介します。

白ワインは長野県産のワイン「高山村産シャルドネ」(サントリー)。フルーティーな香りで、ミネラル感が感じられるすっきりとしたドライな味わい。甘味もほんのりで飲みやすいです。ピザやパスタとも合いますよ(白ワインメニューの2品目 3,200円)。

赤ワインはイタリアワインの「ブロカルド バローロ」(こちらは本来ボトルワインのみのメニューですが、グラスでいただけました。こちらも3,200円)。こちらも飲みやすいドライな味わいで、お肉にも負けません。タンニンとフルーティさのバランスが良い。

 


Course「Content」

前菜 「久美浜産ジャージー牛乳のモッツァレラと彩トリコロールトマトのカプレーゼ」

ピザ 一番人気はプロシュートで、次にマルゲリータピザです。しかし、ソムリエの方はロマーナもおすすめとのこと。
アンチョビの塩辛さが、お酒が進んでしまう感じです。

パスタ これが最初の3品の中で最も非常に美味しかった。また食べたい!しかし、食べる前に写真を撮り損ねました。。。
パスタの上にの載っているリュカの歯ごたえが抜群。ジェノベーゼとの相性も良かった。

メイン(+1,500円)、上記と同じ、「黒毛和牛経産牛サーロインのグリルと季節野菜」穀物のみの餌で育てた健康的な牛です。

デザート「桜のジュレ 苺のグラニータ 漉し餡とマスカルポーネのエスプーマ」

こちらも黒毛和牛経産牛サーロインのグリルを選択。赤ワインといただきます!

桜のジュレ 苺のグラニータ 漉し餡とマスカルポーネのエスプーマ

ビッグサイズのカプチーノ!

 

キッズメニュー

これなら、退屈しない!

メニュー表が塗り絵となっており、新品の色鉛筆の貸し出しをしてくださいます。これもキッズフレンドリー!おすすめメニューはこちら!

キッズセットメニュー(3,200円)

ジュース(りんご又はオレンジから選択)

コーンスープ

メイン(以下より選択)

  • ラザニア
  • ミニハンバーグステーキ
  • スパゲティーニチキンボロネーゼ
  • オムライス

全て温野菜、フレンチフライ、フォッカチャ付き

アイスクリーム

 

プライベート温泉

ディナーの後の時間に合わせてプライベート温泉を予約しておりました。

ディナーが少し押してしまいまいたが、この後のプライベート温泉の予約が無かったため、レストランの方とスパの方が連携を取ってくださり、ディナー終了後に時間をずらしていただきました。プライベート温泉は2室あります。

100㎡超の個室付きの貸し切り温泉

広々とした玄関で、いきなり贅沢なしつらえ。スリッパも人分綺麗にそろっていて、気分良く入室します。

 

リビングスペースの中央にはダイニングテーブル、大型液晶テレビも備え付けられています。BGMも流れており、落ち着く空間です。

 

ミニバー(部屋代に含まれる)とリフレッシュメントとしてのフルーツ盛り合わせとマカロンのセットが用意されています。

 

TWGの紅茶パックと、冷蔵庫内はトニックウォーター(neoプレミアム)、マンゴージュース、セブンアップに、ペプシコーラゼロ

60分で十分寛げる!迫力のある温泉風呂と贅沢なウェットリビングスペース

こちらがウェットリビングスペース、奥左手はシャワーブースで、何とミストサウナも備えています(慣れてないと呼吸困難になるほどパワフルです!)

 

奥右手が迫力のある温泉風呂。ゆっくり浸かれる温度です。4人程度なら、余裕の広さです。極楽~!何度でも浸かってしまいます。

窓から見える日本庭園は、このプライベート温泉のためだけに造られたもの!

 

更に奥側には、2席分の洗い場がありますよ。これも贅沢ですね。バスアメニティは客室の物と同じです。

 

 

このウェットリビングスペースが素晴らしい!

温泉を堪能すべく、お風呂で温まったら、ソファにタオルをかけて腰掛け、ミネラルウォーターで水分補給し、また、温泉に浸かって、あたたまる、、というのを繰り返し、至福のリラックスタイムでした! 貸切温泉のありがたみ!

大浴場以外で、子連れで使えるSPA施設ってなかなかないと思うので、せっかくここに泊まるのであれば、是非利用したいプランです!

 

お風呂から上がったら、バスローブを着て、水分補給して、リラックス、という感じです。

 

人数分のバスローブがありますが、子供サイズもセットされているのがありがたい!

入室して、脱衣して、シャワー&体を洗い、浴槽に浸かって、着替えて、紙を乾かして、リフレッシュメントをいただいて、十分に60分以内に収まる感じです。

インルームダイニングを頼んだり、アフタヌーンティーを頼んだりする場合は、90分以上推奨ですが、温泉&リフレッシュのみならば、お子様連れでも、60分で問題ないと思います。

60分以内でも、こんなことする余裕あります!

 

営業時間や利用方法について

料金 60分   19,500円
90分   27,000円
120分 34,500円
インルーム朝食(+4,500円/人)
インルームアフタヌーンティー(+6,100円/人)
営業時間 7:00-23:00(最終受付22:00)
インルームアフタヌーンティー12:00~、14:30~
定員 1~4名
基本設備・アメニティ ミネラルウォーター、セーフティーボックス、今治産コットンタオル、バスアメニティ、スキンケアアメニティ、ドライヤー、大型液晶テレビ(65インチ)、
キャンセル規定 利用の24時間前から100%

 

FORNI 朝食

朝食は別途記事を執筆しする予定です。

フル朝食であるアメリカンブレックファストと和朝食は、6,100円/大人1名、3,000円/子供1名 と豪華絢爛で、とても高価です。

だがしかし、Marriott Bonvoyの会員のプラチナエリート以上の会員は大人2名、12歳以下のお子様2名まで、食事(+お絵描きセットの貸与)が無料になります!(うちは元々朝食付きプランでしたが)

なお、朝食付きプランの場合、または、プラチナエリート以上の会員が、インルーム朝食を選択すると、一人当たり3,200円の追加、お子様も3,000円の追加が必要となります。

 

キッズアクティビティ「めざせ!みらいのほてるまん」

項目 内容
時間 10:00~10:45(一部制)
価格 1名の場合3,300円 2名の場合5,500円

制服は男女ともに110cm、130cmの2種で、小学校低学年向けのアクティビティということです。

体験内容は、お客様の探し物のお手伝い、お部屋の飾りつけのお手伝いにチャレンジするというもので、具体的な内容は当日のおたのしみということでした。

併せて、写真撮影は可能であるものの、当日の内容を楽しみにしている方のために、仕事内容が分かるような写真のSNS等の公開はしないようにとのことで、ネタバレはできませんが、是非ご自身で体験されて、アクティビティを楽しんでください!

必要な指示の聞き取り、実行、上司への報告という、一連の仕事内容を楽しんで体験することができ、非常に有意義なアクティビティだと思います。

制服はレンタルですが、ちりめんのポシェットは、お土産に持ち帰ることができ、今も大切に利用しています。

お仕事終わって、表彰されて、はいポーズ!

アンバサダーと巡るHOTEL THE MITSUI KYOTO アートツアー

アートツアーに参加し、ホテルの想いやこだわりを理解し、より有意義なホテル滞在を!

カードキーは、朝倉隆文氏による四季之間の襖絵と同じ模様になっている。

こちらはホテルのスタッフの方による、ホテルの成り立ちや芸術品等の説明をいただける非常に人気のあるツアーです。梶井宮門の由来についても、このツアーで詳しくお話を伺うことができます。

 

三井呉服店に由来し、着物帯をモチーフとした天井張り(アンドレ・フー氏による)。正面と側面からでは、表情が異なるのが特徴。

10時と11時からの2部制(いずれも45分間)。

四季之間のレストラン予約が入っていない日は、四季の間にも特別に入ることができます(写真撮影も可)。

残念ながら13歳以上のみの参加となるため、子連れの場合は、2手に分かれて参加することで対応します。

私の場合は、みらいのほてるまんが10時から開始されていたため、妻がそれに同行している間、私がアートツアーに参加。11時からは妻がアートツアーに参加し、私と子供達が2度めのサーマルスプリングを楽しむ、といった時間配分をしました。

このツアーに参加し、お話を伺うことで、ホテルの滞在がより一層有意義になることは間違いありません。このホテルの想いやこだわりを教えていただけます。

梶井宮門に飾られているのはレプリカ。ホテル内に展示されてるものが本物

 

四季之間も案内してもらえます(食事の予約が入っていない場合のみ)

通常は立ち入ることができない総檜造の書院です。入った瞬間、檜の香りが心地よい。三井家十代目当主三井高棟による意匠。

屋根はふくらみのある「むくり屋根」となっており、梶井宮門が威厳を示す大陸由来の建築方式なのに対し、こちらは日本由来で「調和」を表現しています。お昼に四季之間の予約が入っていないときは、案内していただけます。

天井から釣り下がる欄間は「月の字崩し」、天井の模様は密家の家紋の「四ツ目結び」であり、全レストランの天井に採用されています。

 

内装は、名前の通り、四季の移ろいを襖絵で表現しています(朝倉隆文氏によるデザイン)。

 

奥書院の特徴である木瓜型、櫛型の窓。

本来の油小路邸は東京の桂離宮に移され、こちらはそれを再現されたものだそうです。

45分があっという間で、もっと聞きたいというくらい、満足度の高いツアーでした。これが無料とは素晴らしい。

おそらくツアー毎に、微妙にコースが異なるようなのですが、初めて訪れる方はぜひ参加することをおすすめいたします。

お子様も芸術作品を嗜もう!アートラリー

アンバサダーと巡るアートツアーは13歳以上ですが、ちゃんと子供用のアクティビティもあります!

ホテル内のシンボリックな芸術作品を見つけて、四ヶ所のスタンプをもらうと、素敵な景品がもらえるそうです(うちは、色々予定を詰め込みすぎて、コンプリートできませんでした。。。)

 

結局、HOTEL THE MITSUI KYOTOは、子連れでも快適に過ごせるのか?

結論からいいますと、HOTEL THE MITSUI KYOTOは、お子様連れのご家族でも、十分快適に過ごせるというのが、率直な感想です。お子様の年齢によるとは思いますが、

おすすめ!

  • サーマルスプリングはキッズアワーが設けられており、時間を選べば、ゆっくりと堪能できる(但し、3歳以下は利用不可)。
  • オールデイダイニングFORNIは子連れでも利用可能(都季は個室であれば利用可能)
  • キッズメニューはもちろん、お絵かき帳と色鉛筆の貸与もあり。
  • プライベート温泉は、特に子連れにはありがたいSPA施設
  • キッズ向けのアクティビティがある。「目指せ!未来のホテルマン」はお預け可能で、その間にアートツアーに参加することも可能(10:00の回)。
  • スタッフの方々がキッズフレンドリーで、子供に対しても、ホスピタリティが素晴らしい!

という点が素晴らしかった!

客室のチェックインをご担当してくださった男性のスタッフの方が、娘に白虎のこどものぬいぐるみをご用意くださった際、娘が何気なく、「なぜ白虎なんですか?」と聞いたのですが、子供向けに一生懸命ご説明いただいたところに、ホスピタリティが溢れているなあと感激しました!

今回の宿泊は11時チェックインで、マリオット ボンヴォイ60,000ポイントが付くプラン。エリートボーナス含めると、なかなかのポイントが付与されました。

今度は、ガーデンビューにも泊まってみたい!

また来ます!おわり。

 

-ANA, ホテル, マリオット, マリオットボンヴォイ
-, , , , , , , ,

error: Content is protected !!