全国旅行支援

「ただいま東京プラス」 東京の全国旅行支援(全国旅行割 全国割)クーポンはどこで使える? 10月20日に開始できる? 「もっとTokyo」 併用は?既存予約は適用?添い寝は?

2022年10月18日

  1. HOME >
  2. 全国旅行支援 >

「ただいま東京プラス」 東京の全国旅行支援(全国旅行割 全国割)クーポンはどこで使える? 10月20日に開始できる? 「もっとTokyo」 併用は?既存予約は適用?添い寝は?

2022年10月18日

ただいま東京プラス クーポン もっとTokyo 既存予約 

全国旅行支援「ただいま東京プラス」は10/20より順次発売開始。

東京都の全国旅行支援「 ただいま東京プラス 」とは?

「ただいま東京プラス」の対象期間は。予約開始はいつ?

2022年10月20日(木)~12月20日(火)まで(21日(水)チェックアウト分まで)です。

予算により早期終了する可能性、または、逆に延長する可能性があります。

予約開始は2022年10月20日(木)12時からです。一部OTA(オンライン旅行代理店等)は事前受付を実施しています。その点は後述。既存予約 ( 販売前予約済み 事前予約 )も対象となるものがあります。こちらも後述。

 

「ただいま東京プラス」の対象者は

(1)日本国内に居住する方
(2)ワクチン接種歴(3回以上)又はPCR検査等で陰性確認ができること
(3)本人確認及び居住地確認ができること
(4)別途定める本事業の一般利用者向けの利用規約を支援対象商品の申込時に確認し、内容に同意していること

となっています。

「ただいま東京プラス」の助成内容は

項目 内容
助成率 40%
助成上限(税込) 宿泊のみ、日帰り旅行 5,000円/人日、 交通付宿泊旅行商品 8,000円/人泊
クーポン付与額 平日3,000円/人泊 休日1,000人泊
助成前の最低利用適用金額(税込) 平日5,000円/人泊 休日1,000円/人泊

 

ただいま東京プラス クーポン 加盟店について

ただいま東京プラス クーポン 加盟店の一覧は、10/20以降、順次公式サイトおよびRegion PAYアプリで掲載予定。

ただいま東京プラスクーポン Region PAY

ただいま東京プラスクーポンは、アプリ(Region PAY)を使用して運用。加盟店登録、間に合う?

どこで「ただいま東京プラスクーポン」が使えるのか、成城石井などのスーパーやセブンイレブンで利用可能なところが多く、まずまず店舗の登録が進んできました。

加盟店は、ステッカーを店頭に貼る必要がありますが、スターターキットに含まれるステッカー画像がまだ準備中。。。ちなみにクーポン店に送付されるスターターキットは、店舗登録から最大10日かかると記載されています。。。10月時点ではクーポンの稼働はわずかかもしれませんね。

ただいま東京プラスクーポン の利用期間は チェックイン日からチェックアウト日の23:59までと短めです。日帰り旅行は当日しか使えません。

ただいま東京プラスクーポン 発行の加盟店の事例は以下の通り。

クーポン 加盟店の業種 ただいま東京プラスクーポン 対象商品の例示
①飲食店 レストラン(ホテル内で営業する店舗を含む)、喫茶店、居酒屋、ファストフード、フードコート、体験型カフェ等の飲食店全般
②小売店 道の駅・サービスエリア売店、土産物店、弁当・惣菜・菓子等の持帰り専門店、農産物直売所、青果・鮮魚・食肉店、本屋、時計・宝石店、スポーツショップ、釣具店等の小売店全般
③コンビニ・スーパー コンビニエンスストア・スーパーマーケット等(駅、空港構内等で営業する店舗も含む)
④鉄道 切符等の販売
⑤バス 路線バス、空港リムジンバス等の事業者
⑥ハイヤー・タクシー ハイヤー、タクシー等
⑦海上運送 観光船、遊覧船、水上タクシー等
⑧航空運送 遊覧飛行、観光ヘリ等
⑨その他運送サービス ケーブルカー、リフト、水陸両用バス、人力車等
⑩物流(宅配等) 宅配便事業、一時預かりサービス等
⑪レンタカー レンタカー等
⑫観光施設 テーマパーク、遊園地、動物園、水族館、観光農園、キャンプ場、温泉施設等
⑬体験型アクティビティ 乗馬、陶芸、アスレチック、カヌー、カヤック、パラグライダー、レンタサイクル、農業体験、貸しボート、釣り堀等
⑭フィットネス・スポーツジム 体操教室、スイミングクラブ、スポーツジム、フィットネス等(ホテル内施設も含む)
⑮スポーツ ゴルフ、テニスクラブ、スポーツ施設等
⑯スポーツ観戦 野球、サッカー、ラグビー等のスポーツ観戦
⑰劇場、観覧場、映画館、演劇場 伝統芸能公演、劇場、寄席等
⑱文化施設(美術館、博物館等) 美術館、博物館等、博物館等のワークショップ
⑲その他 貸衣装、写真館、着付け等(観光客向け体験として営業)

ただいま東京プラスクーポン の事業者要領によると、中小企業に限定していないので、大手も対象になりうるかもしれないですね!であれば日用品等にも使い易くてありがたいのですが。

 

 

「ただいま東京プラス」の事業中止リスクとキャンセル料について

事業がいかなる理由で中止になったとしても、一切キャンセル料の補てんはありません。

前回のGOTOとは異なり、今回は、キャンセル料負担がない旨、明記されておりますので、キャンセル規定が緩い予約を強くお勧めいたします。

 

「ただいま東京プラス」 ワクチン証明等、当日持参書類について。添い寝の子供も本人確認書類が必要!

本人確認書類(添い寝の子ども含む)(東京都在住証明書一覧 (ryokoshientokyo.jp)参照)

及び

ワクチン三回接種証明 or PCR検査等の陰性証明書

が必要です。

持参しなかった方、または条件を満たさない方は、その方のみ助成を受けることができません。

なお、保護者等同伴により12歳未満の方はワクチン又は陰性証明は免除されます添い寝 のお子様も本人確認書類は必要です!忘れると割引対象外なのでご注意ください!)。

 

 

「もっとTokyo」 と 「ただいま東京プラス」の制度比較 添い寝、既存予約 (予約済み 事前予約)等

 

ただいま東京プラス もっとTokyo 併用 既存予約 事前予約 予約済み 対象ホテル

「ただいま東京プラス」と「もっとTokyo」の違いは?併用はできる?

「もっとTokyo」 と 「ただいま東京プラス」の比較表(添い寝、既存予約 ( 事前予約 )、割引対象、等)

旅行代金の割引額について

もっとTokyo と ただいま東京プラス を併用した場合は、下記割引額が合算されます。

まず、もっとTokyoの割引が適用され、割引後の価格が全国旅行支援「ただいま東京プラス」の一人一泊当たり最低利用金額(平日5,000円、休日2,000円)を上回れば、「ただいま東京プラス」の割引も適用されます。

旅行形態 もっとTokyo ただいま東京プラス(全国旅行支援)
宿泊施設のみ利用(ホテルの個人手配) 5,000円/人泊( ※ 6,000円/人泊) 5,000円/人泊or一人当たり旅行代金の40%の低い方
交通付き旅行商品(ツアー等のパッケージ商品) 5,000円/人泊( ※ 6,000円/人泊) 8,000円/人泊or一人当たり旅行代金の40%の低い方
日帰り旅行(個人手配は不可) 2,500円/人日  5,000円/人泊or一人当たり旅行代金の40%の低い方
制度 もっとTokyo ただいま東京プラス
(全国旅行支援)
併用時
クーポン付与額 無し 平日3,000円/人泊、休日1,000円/人泊 同左
最低利用金額 6,000円
(上乗せ助成+1,000円)/人泊
3,000円
(日帰り旅行)
平日5,000円
休日2,000円
宿泊を伴う場合
平日11,000円/人泊
休日8,000円/人泊日帰り旅行の場合
平日8,500円/人泊
休日3,500円/人泊
子どもの助成(添い寝等) 添い寝は対象外
18歳未満の子どもで宿泊料金の支払い、ワクチン照明の提出等が上乗せ助成の条件
添い寝の子どもも補助対象の人数にカウントできる(カウントしないこともできる) -同左-

 

 

「ただいま東京プラス」の既存予約 ( 事前予約 販売前予約済み )の取り扱い

もっとTokyoについて、既存予約 (  事前予約 販売前予約済み )は対象外です。

全国旅行支援「ただいま東京プラス」は既存予約 (  事前予約 販売前予約済み )は割引対象となりえますが、実際に既存予約に割引を適用するには、予算が残っていることが必要で、また、個々の事業者判断となります。

 

「ただいま東京プラス」の回数制限について

もっとTokyoは1度の旅行に付き5泊、全国旅行支援「ただいま東京プラス」は7泊が限度となっています。回数制限はありませんので、何回も利用可能です。

 

「 ただいま東京プラス 」と「 もっとTokyo 」の併用には、申込時期と既存予約の関係に注意

何分、全国旅行支援の予算と比べ、「 もっとTokyo 」プランの予算はとても少ないので、「ただいま東京プラス」との併用を狙うかどうかはギャンブル的な要素が。。。

既存予約 (  事前予約 販売前予約済み )と「もっとtokyo」&「 ただいま東京プラス 」の併用の可否については、ざっくりこんな感じです。

日程 もっとTokyo ただいま東京プラス
(全国旅行支援)
備考
①10/1~10/19
(10/20チェックアウト)
販売開始済 期間対象外 併用不可
②10/20~10/31
(11/1チェックアウト)
販売開始済 10/20日以降申込開始
(既存予約は原則OK 事業者次第のため注意)
併用可能だが、10/20に「 ただいま東京プラス 」申請争奪戦に勝利できるかどうかがカギ。
なお、それまでに「 もっとTokyo 」プランの予約は済ませておきましょう。
③11/1~12/20
(12/21チェックアウト)
11/1販売開始
(それ以前の予約は対象外)
同上 「 もっとTokyo 」プランと併用なら、事実上11/1以降に申請となる(もし、予算が尽きていたら。。。)

もっとTokyo は、一時期すさまじい勢いで、完売したこともあります。

ここ最近はお得感がなかったのですが、ただいま東京プラス (全国旅行支援)との併用で、さすがにお得なプランがかなりありそうですので、10/11よりも、むしろ、10/20は争奪戦が激しくなり、かなり注目の日となるでしょう!

11/1以降は少し悩ましいところで、もっとTokyoと併用を狙うなら、11/1以降にプランを予約しないといけないのですが、全国旅行支援の予算が先に尽きてしまっていたら、併用ができなくなってしまう、というリスクをはらんでいるので注意してください。

 

スポンサーリンク

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード入会ボーナス 

39,000pt獲得可能(ボーナス30,000pt、通常決済ポイント9,000) 

「 ただいま東京プラス 」を専用プランを販売している場合、既存予約 ( 予約済み 事前予約 )は割引対象外の可能性が高い

予算が少なく、執行管理の関係で「ただいま東京プラス」の専用プランを設けている場合、それ以外のプランは全国旅行支援の対象外となります。

その場合、既存予約 (  事前予約 販売前予約済み )は対象外となる可能性が高いです。一部、条件付きで既存予約をOKとするホテルもあります(インターコンチネンタル東京ベイ等)が、予算次第なので、基本は無いと思った方が安全です。

「ただいま東京プラス」の対象ホテルは?専用プランがあるのか?

「ただいま東京プラス」対象ホテル一覧 10月19日時点

 

「ただいま東京プラス」の対象ホテル一覧はこちらです。

ryokoshientokyo_hotellist.pdf

事業者の登録機関は10月21日までなので、今週一杯はエントリーが増えそうです。

 

「ただいま東京プラス」 マリオットボンヴォイ参加ホテル

少し話がそれますが、STAYNAVIを使うホテルと、それ以外のホテルで、Marriott Bonvoyのロイヤリティプログラムで付与されるポイントや年間対象利用金額のカウントが異なります。

STAYNAVIの場合だと、goto時と同様、割引前の旅行代金をベースに所定の計算がされます。

しかし、それ以外のホテル独自の割引を行う場合は、ホテルによって割引前の旅行代金で計算する場合、割引後の旅行代金で計算する場合があるので、必要に応じて事前に確認することをおすすめします。

ちなみに、もっとTokyoの割引を受けた場合は、当該割引後の金額を基にポイント計算等がなされます。

 

10月19日時点では、以下が対象(一応全ホテルエントリー済みの様です)

  • 東京マリオットホテル
    ⇒エントリーされているが、ラフォーレ倶楽部のプレスでは、全プラン補助対象外とのこと。10/20に専用プランを販売するとのことです。既存予約対象外(全国旅行支援プランと全国旅行支援&もっとTokyo併用プランあり)
  • コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション⇒ STAYNAVI?既存いける?
  • シェラトン都ホテル東京(全国旅行支援も専用プラン 25日(火)12時よりウェブ販売)
  • ウェスティンホテル東京(もっとTokyo専用プラン 電話またはメール 11月以降宿泊分は20日以降予約?)
  • ザ・リッツ・カールトン東京
  • 東京エディション虎ノ門 ⇒おそらく電話orメール(もっとTokyoと同じなら。)
  • ACホテル東京銀座 ⇒ 公式から専用プランのみ対象。既存予約対象外
  • アロフト東京銀座 ⇒ 同上
  • モクシー東京錦糸町 ⇒ ただいま東京プラス もっとTokyo11月以降分 ともに販売延期
  • メズム東京オートグラフコレクション ⇒ 公式HPより専用プラン販売予定(時期未定)
  • ザ・プリンスさくらタワー東京 オートグラフコレクション ⇒20日正午より専用プラン販売
  • ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町 ラグジュアリーコレクション ⇒24日正午より専用プラン販売予定

 

 

「ただいま東京プラス」 全国旅行支援の予約パターンについて

OTA(楽天トラベル、一休.com 等)の予約開始日は? 「ただいま東京プラス」

全国旅行支援→楽天トラベルの詳細が発表!

OTA 全国旅行支援の申込開始日
(10/25 0:00 時点 情報)
備考(既存予約等)
楽天トラベル 10/25 10時開始(チェックインor出発日の前日まで割引申請が必要) 既存予約は10/10までに予約したもので、10/26以降出発予約が対象。受付は4時間遅れて、10/25 14時頃から
じゃらん 10/20 12時申込開始
一休.com 10/20   12時申込開始 前日正午までの割引申請手続きが必要
(東京都については10月20日正午の時点では、既存予約は10月22日以降の宿泊予約が対象)
もっとTokyoとの併用は不可。
yahoo!トラベル 同上 同上
JTB 10/20正午から開始
既存予約は(条件あり)は、10月17日13時より受付開始(済)

申請期間は、2022年10月31日(月)23:59まで かつ 出発の4日前まで

<インターネット経由の予約>
2022年10月3日(月)~10日(月・祝)23:59までの予約

かつ
10月21日(金)以降出発の「東京都を目的地とした旅行」の予約

<店舗・電話予約>
2022年10月3日(月)~10月10日(月・祝)営業時間終了までの予約
かつ
10月20日(木)以降出発の「東京都を目的地とした旅行」の予約
インターネット予約だと、10月20日(木)出発分は対象外です。ご注意ください。

いずれも割引適用可能な場合はJTBより電話が来るということです。

HIS 10/20(木)12時より受付開始 専用プランのみのため。既存予約は適用対象外
るるぶトラベル 10/20正午から開始  JTBに準じる
日本旅行 10/20(木)12:00~(予定) 既存予約
10/10までに予約のもの、かつ、出発日4日前までに日本旅行から送付されるメールを受け、割引の同意をすることが条件。なお、10/11-10/19分の既存予約は割引対象外。
JALパック 10/20(木)予定 10/11~10/24出発分の既存予約は割引対象外
10/25~12/20出発分のみ、JALからの通知を受け、割引同意した場合のみ割引対象。
10/16(日)以前予約分の割引申請期限は10/19(水)、10/17(月)~10/19(水)予約分の申請期限は予約日の翌々日まで
幼児(0~2歳)は旅行代金補助・地域クーポンの対象外
ANAトラベラーズ 10/20(木)14時販売開始 無料幼児も1名分にカウントして助成
東京都は未定だが、既存予約については案内メールから回答までの時間が短いと想定されるので、メールのチェックを忘れずに。

楽天トラベル既存予約 注意点

公式HPより引用

※割引申請条件を満たさないご予約は、対象外です。
※申請ボタン表示後、対象のお客様へは順次メールにてお知らせいたします。
※チェックイン日/出発日の前日23:59まで、または11月8日15:00までのどちらか早い期日まで申請可能です。
※適用条件や対象都道府県に関する個別のお問い合わせはお控えください。
※「割引申請」の対象宿泊施設は、各都道府県の「全国旅行支援」開始時の情報に基づいています。
※本クーポンのご利用にあたっては、各都道府県の規程によって、チェックイン時に宿泊者全員の本人確認等およびワクチン接種歴や検査結果の確認が行われます。証明書の提示が出来ない場合、割引が適用されません。 ※「割引申請」受付再開にあたり国内ツアー(ANA楽パック、JAL楽パック)は、旅程内のすべての宿泊先が同一都道府県内の予約のみ対象とさせていただきます。

 

 

もっとTokyo(2022/11/1以降出発日) 楽天トラベル、じゃらん、一休.com etc

10/31については、既に販売されているため、事業者判断次第ですが、割引申請することで「もっとTokyo」と「ただいま東京プラス」のダブル割引が享受できる可能性が高いです。11/1以降チェックイン分は詳細未定です。

 

OTA 11月以降の「もっとTokyo]の申込開始日
(10/19 0:00 時点 情報)
備考(既存予約等)
楽天トラベル 未定
じゃらん 10/20 12時申込開始
一休.com 未定
yahoo!トラベル 未定
同上
JTB 未定
HIS 未定 専用プランのみのため。既存予約は適用対象外
るるぶトラベル 未定  JTBに準じる
日本旅行 未定
JALパック 未定
ANAトラベラーズ  未定

 

「ただいま東京プラス」は、STAYNAVIを使うのか?

ただいま東京プラス もっとTokyo 既存予約 添い寝 対象ホテル STAYNAVI

GO TO トラベル時のようにSTAYNAVIを利用できると、事務手続きがかなり楽になるのですが…。

10/18現在、「ただいま東京プラス」の公式HPでも、STAYNAVIを使用するかどうか不明。

宿泊施設を予約した後、予約番号に紐づいた割引クーポンを発行。

既存予約 (  事前予約 販売前予約済み )はOKとなることが多いです。

ヒルトン東京お台場は24日12時よりSTAYNAVI申請開始、インターコンチネンタル東京ベイは26日12時からSTAYNAVI申請開始と公表しています。

 

宿泊施設(対象ホテル)の独自申請

申請先着順

ホテル個別の予算割り当てで実施しているため、予算管理のため、専用プランを設定しているケースが多いです。

 

手続き不要(到着先着順)

事前手続き不要ですが、チェックインした順に予算消化する形をとるため、12月等の終盤の時期は、旅行支援の割引予算が終了してしまっている可能性が高く、ハイリスクです。

 

ただいま東京プラス 競争は激しいが、一歩引いたもの勝ちということも!

事前の情報収集をしっかり行い、後悔の無い旅行を楽しんでください!

もし高すぎる!と感じた時は、今のうちに年明けの予約を抑えておくのも一つの手です。

すでに政府は、新年の連休明けにも全国旅行支援の延長も関東に入っている模様。特にSTAYNAVIを使っているホテルは押さえておきましょう!

 

スポンサーリンク

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード入会ボーナス 

39,000pt獲得可能(ボーナス30,000pt、通常決済ポイント9,000) 

 

-全国旅行支援
-,