ホテル マリオット

子連れ におすすめのディズニー リゾート 周辺のホテルは? スタンバイパスが無くなった今、前泊と後泊はどちらがおすすめ?

東京ディズニーリゾートを効率的に楽しむには、ディズニーオフィシャルホテルで前泊または後泊が便利!子連れの方におすすめ!

※ 本記事では、価格が比較的リーズナブルなオフィシャルホテルに限定した内容となっており、直営ホテル(ディズニーランドホテル、アンバサダーホテル、ホテルミラコスタ等)については触れておりませんのでご注意ください。

コロナ禍も山を過ぎ、徐々に人流が復活し、ディズニーリゾートも混雑してくるようになりました。

アトラクションの待ち時間も長期化してきており、子連れの方ですと、朝早く、パークに到着して、1時間以上並ばなければならないなんてこともあります。

小さなお子様連れですと、少しでも時間の節約をするため、体力の温存をし、パークで全力で遊ぶためには、周辺ホテルに泊まりたいけど、なかなかお値段が。。。ということもあるかと思います。

しかし、ディズニー周辺にある、提携ホテルであるディズニーオフィシャルホテルであれば、リーズナブルに宿泊することができます。

例えば、私がよく利用している舞浜にあるシェラトン・グランデ・トーキョーベイホテルですと、土曜日宿泊は高めですが、金曜宿泊で土曜チェックアウト&パークチケット付プランは比較的安めでおすすめです

ディズニー公式ではチケットが完売でも、宿泊付きのプランでですと入手しやすい点、また、千葉とく旅キャンペーンの対象の方であれば、チケット代も含めてお得になるケースがあるので、その点も利用価値があります。

前泊をお勧めする理由ですが、お子様連れですと、パーク内をかなりの移動距離を歩くことになります。ホテルに前泊すると、朝ごはんを食べてすぐにパークに向かうことができるので、体力の節約になります。

特にスタンバイパスが廃止され、人気アトラクションも含めて、原則並ぶことが求められるため、より早くパークに入園出来る前泊のパークチケット付きプランがおすすめです。

ただし、前泊プランの場合、割高なことがあるため、ホテルの素泊まりプランに別途チケットを取った場合の価格の方が安いこともありますので、注意です。

一方、後泊であれば、朝早くパークに並ばなければならない手間はありますが、目一杯パークで遊んだ後に、すぐにホテルに戻って休むことができるというのも、子連れの方のとっては非常に大きな利点になります。

いずれの場合も、周辺のホテルに宿泊することで、パークを存分に楽しむことが可能なのです。

 

  • 公式サイトでパークチケットが売り切れでも、周辺ホテルのパークチケット付プランでチケット確保ができることが多い。
  • 朝早く、自宅から現地まで、子連れで移動するのもなかなか体力が必要。前泊すれば、ホテルから出発すれば元気いっぱい、パークを回れます。
  • 前泊の場合、ベイサイドステーション近辺に立地している4ホテルは、朝ご飯をゆっくり食べて、短時間で入園の列に並ぶことが可能(例えば、ホテル⇒ベイサイドステーション⇒ディズニーシーまで最速10分で到着)。
  • 後泊であれば、すぐにホテルに戻って休めるので、体力を気にせず、目一杯遊ぶのも怖くない!

 

周辺のオフィシャルホテル(提携ホテル)のパークチケット付きプラン

チェックインあなたは前泊派?後泊派?両日とも遊ぶ派?チェックイン日パークチケット付プランとチェックアウト日のパークチケット付プランの比較

ベイサイドステーションの周辺ホテルでは、4ホテルがパークチケット付きプランを販売しています。

パークチケットはチェックイン日に使用できるプランと、チェックアウト日に使用できるプランがあります。

利便性で言えば、朝早くパークに行けるチェックアウト日チケットプランがおすすめですが、、とてもお安いチェックイン日チケットプランも捨てがたいです。

チェックアウト日のチケットプランとチェックイン日のチケットプランのメリットデメリットは以下です。

項目 チェックイン日チケットプラン チェックアウト日チケットプラン
価格 安め(チェックアウト日プランより1万円程度安い) 高め
時間の節約 当日、パーク前にチケットを受け取りの為にチェックイン手続きのためホテルに行く必要がある。 前泊なので、朝食を食べてチケットを受け取って、すぐにパークに向かうことができる。
ホテルステイ チェックアウト日にプールやホテルステイを愉しめる。
チェックインは夕方以降のみ
早朝にチェックアウトするため、少しもったいない

以下では、チェックアウト日のパークチケット付プランで比較しています。

いずれもリゾートライナーのベイサイドステーションから、無料のシャトルバスが10分程度毎に巡回しています。

個人的にはマリオットの会員なので、シェラトンがお気に入りなのですが、チケット付プランの対象となる客室は、本館のスタンダードルームとオーシャンドリームルームだけで、割と年季が入っております。

(おすすめは断然 新館のパークウィングですが、当該お部屋のチケット付きプランが設定されていません)。

宿泊にあたり、気になるのは、値段、部屋の広さ、定員、そして、朝食の時間が当日のスケジュールに影響するので、重要な要素となります。

是非有効活用しましょう!

 

パークチケット付プランの比較表

シェラトングランデ東京ベイ ヒルトン東京ベイ ホテルオークラ東京ベイ 東京ベイ舞浜ホテル
価格 やや高め やや高め 普通 やや安い
人数(※1) 1部屋3名まで 1部屋6名まで 1部屋4名まで 1部屋4名まで
部屋の広さ 36㎡ 35~40㎡ 44㎡ 35㎡
キャンセル規定 2日前までキャンセル無料 3日前までキャンセル無料 8日前までキャンセル無料 キャンセル不可
朝食の有無 〇 6:30~ 〇 6:30~ 無し 〇 7:00~
その他特典 チェックアウト日の23:59まで駐車料金無料
人数分のオアシスパス(※2)付与
チェックアウト後30分まで駐車料金無料だが、その後は260円/30分の料金。 - -

(※1)大人で入力した人数分のチケットが用意されます(全ホテル共通)。
(※2) シェラトン内の屋内プール、大浴場、屋内遊具施設(トレジャーズアイランド)、フィットネスの施設の利用チケット

いずれのホテルもハリウッドツイン対応可(ヒルトン東京ベイは、「ヒルトンルーム」「セレブリオ」「セレブリオセレクト」「ハッピーマジックルーム」のみ対応可)

個人的にシェラトングランデ東京ベイを定宿にしているので、贔屓目で見てしまうのですが、このホテルで良いのは、朝食の営業開始が6:30と早めなので、朝食を早く済ませて、ホテルを出発し、入園ゲートに並ぶことができますので、パークを効率的に愉しむことができるという点が良いです。オフィシャルホテルであり、ベイサイドステーションまでの送迎バスも高頻度で回ってきます。

また、駐車場もチェックアウト日まで丸々無料なので、車で行かれる方はパークで目一杯遊んで、夜遅くなっても便利!

ただ、デメリットなのが、4名のプランが無いこと。

4名以上の家族の方ですと、別途チケットが必要となるので、それが気になる方は他のオフィシャルホテルが良いのかなと。上記表も参考になさってみてください。

 

添い寝の条件と子供の朝食料金

添い寝はベッド一台につき、未就学児1名までOKのところが多いです。

もちろん、添い寝は無料ですので、パークチケットは付きません。別途公式サイト等から、添い寝のお子様のチケットを確保しておく必要があります(4歳~6歳の場合)。

どのホテルも子供料金の設定は無いので、添い寝できない場合は大人と同額の料金がかかります。

ホテルオークラ東京ベイのみ小学生まで添い寝OKなのが良いですね。ただし、添い寝の場合でも子供の朝食料金はかかりますのでご注意!

項目 シェラトングランデ東京ベイ ヒルトン東京ベイ ホテルオークラ東京ベイ 東京ベイ舞浜ホテル
添い寝条件 ベッド一台につき、未就学児1名。 ベッド一台につき、未就学児1名。 ベッド一台につき、小学生以下1名。 ベッド一台につき、未就学児1名。
子供朝食料金 4~8歳 2,200円(税サ込)
9~12歳 2,700円(税サ込)(※)
4~8歳 2,300円(税サ込)
9~12歳 2,750円(税サ込)
1,633円(税サ込) 4~6歳 1,200円
小学生 2,400円

 

メモ

シェラトングランデ東京ベイの添い寝は、厳密には6歳未満なので、6歳は含みません。しかし、6歳でも未就学児である場合、その旨を伝えれば、添い寝は認められます。

小学生以上は、最安で一泊2,000円の追加料金が必要です。

 

メモ

シェラトングランデ東京ベイはマリオット ボンヴォイの会員であれば、12歳以下のお子様の朝食が無料です。また、アイスクリームのサービスもあるため、お子様も喜びますよ!

 

シェラトングランデ東京ベイのパークチケットプランはお得なのか?

チェックアウト日パークチケットプラン

ディズニー周辺ホテルの中では、シェラトングランデ東京ベイは高めといわれることが多いですが、夏休み等の繁忙期では、むしろ相対的にお得な価格帯になっています(「TDR・舞浜の最安値のホテルが見つかる 」参照)。

シェラトングランデ東京ベイのチェックアウト日パークチケット付きプランは15時からお部屋が利用可能で、翌日分のパークチケットがセットになっているプランです。

何と、2022年5月23日に、シェラトングランデ東京ベイの20%引きバウチャーの販売が終わってしまったので、これを利用したお得技は無くなってしまいました。ですので、お得感は従来より下がりますが、以下のような特典があり、とても便利です。

  • 朝食無料(ベッド台数分)
  • 駐車場無料(チェックアウト日の23:59分まで)
  • チェックイン日のパークチケット(ベッド台数分 ディズニーランド又はディズニーシーのプランがあります)
  • 12歳以下のお子様の朝食無料(本プランでは添寝の未就学児がいる場合の特典になります)

なお、シェラトンクラブルームの場合は人数分のクラブアクセス権も付与されます。

朝食は1階のグラン・カフェのブッフェが基本で、ほかに日本料理の飛鳥(和定食)、ガレリアカフェ(ブッフェ)、カフェトスティーナ、teppanyaki舞浜 のいずれかがサブ会場として用意されます。

ただし、以前あったオアシスパスは付与されなくなったみたい。。。

子連れの方におすすめなのは、前泊して、朝ご飯を食べて、パークに直行できるこのプランですね。ただし、後述のチェックイン日チケット付きプランよりも割高な価格設定となっています。

 

チェックイン日パークチケットプラン

お部屋を使えるのは18時以降という制約がありますが、その分、お部屋代が割安になっているお得なプランです。

なお、シェラトンクラブラウンジのアクセス権がある方は、15時から使用可能です。

本プランの内容は以下です。

  • 駐車場無料(チェックアウト日の23:59まで)
  • チェックイン日のパークチケット(ベッド台数分 ディズニーランド又はディズニーシーのプランがあります)
  • 12歳以下のお子様の朝食無料

本プランは朝食は付きません。

後余談ですが、先日日曜日の朝8時にチェックインのプランで、このプランのチェックイン手続きをしたところ、長蛇ではないものの、チェックインの行列ができていました。。。

千葉とく旅キャンペーンの影響なのか、すごいですね。。。

なお、プランのお得度ですが、例として2022年7月9日(土)チェックイン 大人2名分の料金を検索してみました(2022年6月上旬時点で調査)。

①素泊まり料金 ②プラン料金 ③パークチケット ④実質チケット代
(=②-①)
チェックイン日チケットプラン 31,350円 46,550円 8,900円   7,600円
チェックアウト日チケットプラン 56,800円 12,725円

超乱暴な計算ですが、チケット付きプランと通常料金(マリオット会員限定)の差額を人数で割った金額をパークチケット代相当としました。

そうすると、やはりチェックインプランは、朝チェックインのためにホテルに立ち寄るという手間はあるものの、やはりお得感があります。もっとも、チェックアウト日チケットプランも朝食が付いていることを考えると、なかなか捨てがたいものがあります。

(以前はオアシスパスも特典も含まれていたのですが、ひっそりと特典から外れてしまいましたけどね。。。)

 

 

おすすめのスケジュール(土日)

起床や朝食のスケジュールは?

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの場合、朝食はグラン・カフェのブッフェが基本です。

6時30分から営業開始しています。遅くとも7時ぐらいには朝食を開始し、8時までにはホテルを出るスケジュールが望ましいです。

なお、シェラトンでは、複数の朝食会場を運営しているため、土日祝など、繁忙期の際には他のレストランでも朝食を取ることもできます。

グラン・カフェの朝食は人気があり、待ち時間が発生することもあるので、もし、以下のレストラン(朝7時より営業開始)が空いている場合は、スムーズに食事を済ませられることが多いです。

 

・ガレリアカフェ(ブッフェ)

・飛鳥(和食のセットメニュー)

いずれのレストランでも午前8時を過ぎると満席になることが多いですし、また、8時から朝食を取り始めると、パークに入園するのが9時を過ぎてしまい、効率的に回ることが難しくなるため、やはり7時には会場に向かうようにしましょう。

クラブラウンジとグランカフェは朝6時30分から営業しているので、7時までに並べば、それほど待たずにもしくはすぐに席に案内されると思います。ちなみに、土日祝日ですと8時を過ぎると満席が続くケースが多いとのこと。

ちなみに千葉とく旅キャンペーンによる稼働が凄いようで、とある日の月曜日の朝食は、9時でも全てのレストランが大行列で、ブッフェの補充もままならない状態で10時に強制終了という感じでした。

シェラトングランデ東京ベイは今までこのような状況が無かったので、本当に稼働が高いのだなと思いました。空いている時間の早朝がおすすめです。

 

悪いことは言わない。ディズニー・プレミアアクセスは購入しておくべし!

5月下旬の日曜日、ディズニー・シーに行きました。8時30分にエントランスに並びましたが、先頭はすでに入園を開始している模様。

8時48分に入園。手荷物検査はかなり簡素化しておりました。

既にスタンバイパスは無いということは聞いていたのですが、アプリでスタンバイパスのロゴは残っていたので、パーク入園後、スタンバイパス取得を試してみました。

が、「対象となる施設がありません。」の無情な文言が。。。

やはり、スタンバイパスは無くなってしまったのだと現実を受け止め、ソアリンに向かってダッシュしました。すごい行列。。。

8時58分に最後尾(海底200マイルのところまで伸びてました・・・)に並んだところ、

  • ソアリン 140分待ち
  • トイマニ 120分待ち
  • タワーオブテラー80分待ち

と9時前でほぼ絶望的な状況に。。。一方、アラビアンコーストは軒並み5分~10分とほぼ空いている状態。センタ・オブ・ジアースは多少空いていたような(子供の身長制限で乗れませんでしたが)。

入場者数は制限しているみたいで、全体としてめちゃこみ!という感じではなかったのですが、人気アトラクションに人がかなり集まっていたみたいでした。

ソアリンの列は、意外にサクサク進んでいたので、140分なんて全然かからなさそう、と思ったのもつかの間、ソアリンの入り口を過ぎた後もかなりの行列で、最終的には、きっちり140分ならばされ、11時30分でようやく乗り終えたという感じで、完全に戦略を誤ってしまいました。

プレミアアクセスの専用レーンがあり、昔のファストパスのような感じですね。プレミアアクセスを購入された方々は、長く並んでいる我々をしり目に、サクサクと進まれていきました。

5月末時点のディズニー・プレミアアクセスの対象アトラクション

  • ソアリン・ファンタスティックフライト

その後、トイ・ストーリーマニアも対象アトラクションに追加されました。

4歳以上は、一つのアトラクションごとに2,000円かかります(アプリからクレジットカード決済で購入)。

プレミアアクセスの列は全く並んでなかったので、指定時間が来ると、ほぼ待ち時間なくアトラクションに登場できていそうでした。

家族4名だと8,000円もかかってしまいますが、悪いことを言わないので、買った方がい良いです。タイムイズマネー。最大140分かかるものが、5分の待ち時間に短縮されます。

お昼の時間になると、徐々に待ち時間は軽減され

  • ソアリン 85分
  • トイマニ 55分
  • タワテラ 50分 にまで軽減されましたが、

12時30分を経過すると、再び待ち時間が長期化し、全て100分超えの状態に戻ってしまいました。

タワテラはプレミアアクセスの対象ではないので、並ぶしかなく、ランチをずらして、お昼時に並ぶのが良さそうです。

午後になると、空いていたアラビアンコーストも軒並み30分を超えつつ、混み始めました。

結局ですが、私達は午前にソアリン、ランチタイムにタワテラ、午後4時までにようやくトイマニに乗りましたが、結局、丸一日でわずか3アトラクションとワースト記録をたたき出してしまいました。

夢の国とはいったい、、、という感じですが、やはりディズニーの意図通り、プレミアアクセスはおとなしく購入した方がよさそうです(特に東京以外の方で、なかなかディズニーリゾートに来られない方は購入を推奨します)。

スタンバイパスがあった頃は後述のとおり、効率的に回る方法があったのですが、明らかに使い勝手が悪くなってしまいましたね。

参考 スタンバイパス(終了)が利用できた時期のタイムスケジュール

ホテル出発からパーク入園までのスケジュールについて

もうスタンバイパスは終了してしまいましたが、スタンバイパスがいかに便利な制度であったかを述べるために、昨年11月~2月時点で、どのようなアトラクションを回ったかを記載しておきます。

直近でシェラトン舞浜に宿泊し、起床からパークに向かった大まかなタイムスケジュールは以下の通りです。
ケース1の方がケース2よりも10分到着が遅れたところ、入園手続きが完了してスタンバイパスを発券できるまで22分も差が生じてしまいました。

幼児連れですと、極端に早くいくと、それはそれで待ち時間が長くなり、大変ですが、少し早めにつくと、結果的にパーク内で並ぶ時間が短縮され、より早くスタンバイパスを発券できるので、おすすめです。

スケジュール ケース1 ケース2
曜日 土曜日 日曜日
起床 7時00分 6時45分
朝食 7時30分 7時15分
ホテル出発 8時20分 8時05分
ディズニーシーステーション到着時間 8時30分 8時15分
入園時間(スタンバイパス取得時間) 9時07分 8時45分
ソアリンのスタンバイパス 13時45分~ 10時45分~
入園時の行列の長さ 入場ゲートの8割程度の行列 入場ゲートの5割程度の行列

先日の事例をケース1とし、今回は少し早めのケース2で行きました。前提条件が必ずしも同一ではありませんが、10分早く出発するだけで、入場ゲートの行列の長さにも差がある印象です。

ケース2では、かなり有利にスタンバイパスが取得でき、結果的にパークを効率的に回ることができました。

6時45分起床 7時15分より朝食 8時にチケット受取(チケット付きプランの場合)

この時間にいけば、最初のスタンバイパスが10時台でゲットできました。効率的に回るには9時前に入園手続きを完了するのがマスト!そのためにはゲートに並ぶのが、遅くとも8時20分までに並ぶと良いと思います。

公式では午前9時に開園ですが、行列が一定のボリュームになると、前倒しで入園手続きを実施します。2回とも8時30分に入園手続きを開始していました。

ちなみに、以前、出発が遅れ、9時直前に到着した際、入園手続き完了したのが9時18分で、ソアリンのスタンバイパスは16時台になってしまい、かなり厳しい戦いになってしまいました。

 

ディズニーシーのアトラクションを回る順番は? スタンバイパスは何から取る?

スタンバイパスの対象はソアリン、トイストーリーマニア、タワテラの3施設が対象となることが多いです。

最初の1~2時間はいずれもスタンバイパス無で並んで参加することが可能ですが、直接並ぶ場合、タワテラが30分以内でアトラクションを体験できるのに対し、トイストーリーマニアは待ち時間が50~60分、ソアリンは90分~120分の待ち時間が生じます。最初にソアリンに並んでしまうと、それだけで午前中の大半がつぶれてしまいます。。。

(ちなみに、我が家の子供は117cm未満のため、インディージョーンズ等の激しいアトラクションはまだ乗れないため、考察しておりません)。

そうなると入場後すぐにソアリンのスタンバイパスを取得しつつ、入園後速攻でタワテラに向かい、アトラクションを体験してしまうのが良いと思います(実際に、9時15分にはタワテラを乗り終えていました)。その後、まだトイストーリーマニアは並べると思うので、50分程度並ぶ可能性はありますが、11時までには乗れると思うので、午前中だけで満足に遊ぶことができます。

これがうまく回れば、午前中にスタンバイパス案件を3つは体験できますよ。今回(ケース2)はラッキーなことに、11時までに人気の3アトラクションを体験することができました。

おすすめスケジュール

ケース2では、16時30分に退園するまで、下記を楽しみました。

  • タワー・オブ・テラー(8時50分到着 10分待ち)
  • トイストーリーマニア(9時15分到着 55分待ち)
  • ソアリン・ファンタスティックフライト(10時45分~11時15分 スタンバイパス)
  • キャラメルポップコーン⇒一番人気のようで、これを買うにもすごい行列。。。
  • マゼランズでランチ
  • ビッグバンドビート(12時50分受付開始 13時25分開演~13時45分)
  • フライングフィッシュコースター
  • トランジットスチーマーライン
  • キャラバンカルーセル
  • ジャスミンのフライングカーペット
  • シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
  • トイストーリーマニア(16時10分到着 スタンバイパス)

17時前にパークを出て、もう1泊宿泊予約を入れていましたので、シェラトン舞浜で夕食(シェラトンクラブラウンジ)を取り、お部屋の窓から花火を見て、就寝しました。

 

 

 

なお、マリオットグループのロイヤリティプログラムに入会し、プラチナステータス(年間50泊必要)になると、シェラトングランデ東京ベイでは、以下の特典が付帯します。

  • 朝食無料(同伴者一名含む)or 1,000ポイントを選択
  • シェラトンクラブラウンジアクセス(同伴者一名含む さらに追加する場合は2,000円/名・泊)
  • 駐車場無料
  • 添寝含む人数分のオアシスパス

 

 

マリオットグループのホテルに沢山泊まる方なら、プラチナステータスを目指すのも良いですし、マリオットボンヴォイアメックスプレミアムに加入し、1年間で400万円以上の当該カード決済を利用することで、プラチナステータスを1年間取得することができます。

しかし、年会費が49,500円と高額なため、それほどマリオットホテルに沢山泊まることが無ければ、シェラトンクラブルームでクラブアクセスを付けるのもおすすめです。

2022年6月下旬から8月末までは4歳から小学生以下のお子様のパークチケット(1day、10時30~)が半額になるキャンペーンが実施されます!

大人2名でチェックイン日パークチケット付プランを予約し、お子様(小学生以下)の方はディズニーリゾートの公式HPからキッズサマーファン!キャンペーンで半額チケットを購入するのがお得になります!

是非この機会にお得にパークチケットを入手しましょう!

-ホテル, マリオット
-, , , , , ,