JAL お得情報

格安のマイルで沖縄へ行く方法 JAL「おともdeマイル割引」

2021年2月13日

JAL「おともdeマイル割引」で羽田ー沖縄線を予約してみました

2021年3月に家族4人で沖縄に伺うため、JALの「おともdeマイル割引」を使って、往復11,000マイル×2+(13,400円+14,400円)×2=22,000マイル+55,600円で予約することができました。往路は普通席、復路はクラスJです。

これって、本当にお得なのでしょうか?

おともdeマイル割引とは?

JALマイレージバンクの会員を含む2~4名のグループで登場する場合にお得となる割引です。片道では使えず、往復料金で購入することになります。

おともdeマイル割引

会員本人は往復10,000マイル

おともの方の料金は往復15,200円~36,600円(一人当たり)

利用不可期間:2021年8月6日~16日

販売開始時期:往復とも330日以内になった時点

 

普通席とクラスJが対象となり、往路と復路で異なるクラスで購入することもできます(クラスJの場合は、会員は片道+1,000マイル、おともの方は+1,000円)。

 

おともdeマイル割引のメリット

会員本人・・・マイルが格安

会員は一律往復10,000マイルと激安なので、羽田-沖縄等の遠距離ほど、お得度がアップします。国内線ディスカウントマイルとJALカード割引が終了したため、相対的にお得となっています。

往復の必要マイル数(例)

路線 国内特典航空券 おともdeマイル割引
羽田-那覇 15,000マイル 10,000マイル
羽田-札幌 15,000マイル 10,000マイル
羽田-福岡 15,000マイル 10,000マイル
羽田-石垣 20,000マイル 10,000マイル

国内線特典航空券の必要マイル数の早見表はこちら

JAL公式HPへ

 

 

おともの方・・・航空券の価格が固定であり、人気の便ほどお得に買える。

会員以外のおともの方の料金は路線と時期で固定されるため、先得やセールよりもお得に購入できることがあります。

特典航空券の空き状況と連動するため、GWや年末年始等の人気シーズンは激戦となり、なかなかとれませんが、例えば3月の土日を検索すると、最安の先得よりも安いケースが結構あります。

2021年2月11日時点の空席状況の例

3月13日土曜日(ローシーズン)の午前便

先得運賃 14,610円~27,410円 > おともdeマイル割引 13,610円

3月27日土曜日(ハイシーズン)の午前便

先得運賃 27,910円~38,110円 > おともdeマイル割引 18,710円

いずれも土曜日の午前便の例ですが、人気の時間帯は「おともdeマイル割引」の方が特になるケースが多いです。

もちろん、便を選ばなければ、他社を含め、もっと安いものはいくらでもあります。

先得の方が安い便もそれなりにあるのですが、土曜日や連休初日の夜間の往路であったり、日曜日や連休末日の早朝など、いくら安いとはいっても、せっかくの沖縄なので勿体ないですよね。

人気の時間帯の便ですと、最安の先得でも8〜9千円で販売している事は少ないです。これらを出来るだけお得に購入したいものです。

おともdeマイル割引のメリット

  • 人気時間帯でも航空券を安く購入できる!

 

 

運賃表(2021年3月28日~10月30日搭乗分)

期間Ⅰ:2021年4月1日~27日、5月6日~7月15日、9月1日~10月30日
期間Ⅱ:2021年4月28日~5月5日
期間Ⅲ:2021年3月28日~31日、7月16日~8月5日、17日~31日
利用不可期間:2021年8月6日~16日

JAL公式HPへ

 

 

デメリット

キャンセル規定

会員ご本人のマイル返還は不可!これが辛い。しかも、JALが2021年3月末まで実施しているキャンセル無料のキャンペーンの対象外運賃ですので、リスクはあります。

おともの方のキャンセル規定は以下の通りです。先得とほぼ同じですね。

キャンセル時期 取消・払戻手数料
購入後~出発55日前 440円(1区間あたり220円)
出発54日前~出発前 運賃額の50%
出発後 運賃額の90%

 

予約変更は不可

予約の変更は原則不可。

ただし、搭乗当日出発空港にて出発時に空席がある場合は、予約便より前の同一区間の便に変更可能(全員での変更が必要)。チェックインカウンターのみ変更手続き可能。自動チェックイン・発券機(KIOSK)では不可。

搭乗日当日、出発空港でクラス J、ファーストクラスに空きがあればアップグレード手続は可能。

 

会員本人はマイル・FOP積算対象外

おともする方は積算対象となります。

 

人気シーズンは激戦となる。

特典航空券の残席枠に連動するため、GWや年末年始などの人気シーズンだと予約が困難。また、特典航空券の利用対象外期間はこの運賃は利用できません。

 

家族4名以上の方はスプリットで予約すると、かなりお得(オススメ)

冒頭で記載しましたが、家族4人の場合で、2人以上JALマイレージクラブの会員がいる場合、会員がそれぞれ分けて予約をする(スプリット)と、よりお得に予約することが可能です。

つまり、大人2名、子供2名の4人家族の場合、大人がそれぞれ子供1名をおともにして予約するのです。

本来は、何名で予約しても、10,000マイルで予約ができるのは会員1名だけですが、この方法ですと2名分が沖縄往復10,000マイル/人で予約が可能です(キャンセル時にマイルが返還されないというリスクも2倍になってしまいますが)。

ただし、予約時に特典航空券の枠が2枠以上あることは事前に確認しておきましょう。

 

JALカード家族プログラムでマイルの統合をしておこう

JALカード所有者が申し込める「JALカード家族プログラム」がおすすめです。家族を貯めたマイルを合算して使用することができるため、マイルがなかなか貯められずに使えない、ということがなくなります。

JALの場合ですと、合算したマイルは親会員のみならず、子会員も家族合算分のマイルを使用することが可能です(ANAの場合は、ファミリー会員のうち、プライム(親)会員のみが合算マイルを使用することができ、子会員は自分のマイルしか使うことができない)。うちの場合は、事前に私の家族がJALカード本会員で、私が家族会員となって、両者そろってJALカードに入会しました。

JALカード家族プログラムの詳細は公式ホームページをご覧ください。

JAL公式HPへ

 

にほんブログ村とブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、下記バナーをクリックしてくださるとうれしいです!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


マイレージランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

-JAL, お得情報
-

© 2021 ニコライ40世のポイント生活と子連れ旅行